love letter # 53 はじまり

ぼくには夢を見る力があって

その力は誰よりも強くて

ぼくは強く強く願った

共に創造することを

そして

それを分かち合い歓ぶことを

真っ暗闇の真空で

あらゆる類のエネルギーを

互いに相反するエネルギーを

少しずつ

身体の中に受け入れて

バランスを保ち

調和させて

美しいセカイを

創造していった

だけど

ぼくはずっと一人だった

極寒の漆黒の闇の中で

内側に

セカイを創っていた

そうしたら

鋭い光ととともに

キミが突然にやってきて

ぼくを温かく包み込んだんだ

内側から

じんわりと熱が込み上がって

ぼくは涙した

眩しいぐらいに光を放ち

キミはぼくの鏡となって

世界を明るく照らした

この宇宙を満たした

キミは愛という名前だった

 

 

Share the love letter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です