love letter #7 本当の情熱

胸を張れる仕事をしているだろうか。

社会的に必要なこと、

世の中のためになりそうなこと、

社会の問題を解決すること、

そういう仕事はもちろん素敵だ。

欲張らなければ、ちゃんとお金ももらえるだろう。

でもそれだけで、僕はその仕事に胸を張れるだろうか。

自分の仕事だと言い切れるだろうか。

いくら世の中の役に立っていたとしても、

お金をたくさんもらっていたとしても、

もし僕がその仕事を

心から好きでなければ、

愛していなければ

僕はその仕事に胸を張れないだろう。

本当の情熱を注ぐことはないだろう。

ステータスがあったとしても、

人に自慢できるようなことだとしても、

僕は何か欠けている気がするだろう。

寂しさはつきまとうだろう。

どこか言い訳がましくなるだろう。

 

本当の情熱を注ぎたい。

心から自分の仕事を愛したい。

そのために、今、選択するのだ。

 

 

 

 

 

Share the love letter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です